誕生日が来るたびにもうかなり前から思っていること。

それなりに年齢を重ねてくると、誕生日というものはかなり意識から追い出されます。意識的に追い出している部分があるとも言いますが。もう何年も前から、一つずつ誕生日に年齢を減らしてしまいたい、と思ったりします。誰しも年齢は重ねるので、同い年の方は同じように年齢を重ねている訳ですけども。
誕生日もそうですが、年末年始もそうです。気づけば一年が飛ぶように過ぎている。というのを年齢を重ねれば重ねるほど感じる気がします。一年ってとても短いです。昨日のことがとても昔に感じたりするのに、去年の同じ日は昨日のことのように思ってしまったりします。時間感覚とは不思議に満ちています。
時間感覚がこのようなので、一年前よりも昨日の方が若いのでは? などと無茶な論理に、発展したりはしませんが。まあとにかく、一年が過ぎるのが早いという話です。このままではあっという間に年齢を重ねてしまうので(今までだってそうですが)、やりたいことをやらなければと思います。
まずは、やりたいことを思い出したいと思います。

誕生日が来るたびにもうかなり前から思っていること。