ないものがある事に気づいたからお買い物!

哺乳瓶掴みがない事に気づいて西松屋に行ってきた☆
いっぱい歩いた方がいいのもあるから店内ぐるぐる回ってました!
掴むのと哺乳瓶洗いブラシを購入したよ!
これで本当に準備はバッチリなのです
後はオムツとミルクくらいかなぁ〜
これは産まれてからサイズを指定してもらってからがいいって言われてるからね♪
見ると買いたくなるんだけどね(笑)
多分新生児用で間違いないだろうからさ!
でも出産祝いで沢山貰えるような気がするからサンプルでちょっと乗りきってもいいかも知れないよね〜
オモチャ見てると欲しくなるけど旦那が与えない考えだからね…
だけどおしゃぶりがあるから先ずは大丈夫でしょう!
ぬいぐるみとかは窒息の恐れがあるらしいから怖いしね

後はダイソー行ってぶらりー
扇風機のホコリフィルター買ってみたからつけてみよう♪
案外直ぐにホコリが溜まるからね…
他には買うのないかなぁ?多分ね(笑)
何気ないお買い物も出産したら一ヶ月は行けないもんね銀座カラー 全身脱毛

ないものがある事に気づいたからお買い物!

他人事なら笑ってしまうとはこのことなのね

先日6歳の息子の予防接種に行きました。息子は注射が大嫌いでそこの病院でも1番2番を争うくらいの暴れん坊だ、と言われてしまうほど暴れてくれます。毎回私が一緒にいくと抑えることができなくて、先生にも次の時はご主人さんと一緒にと言われていたので主人の仕事が休みの時に予約して行きました。病院には注射に行くからと前以て息子に説明。息子もはじめは嫌がり行きたがらなかったのですが、幼稚園のお友達はみんなもう受けたよって言葉にじゃぁ僕も行かなくちゃと言って重い腰を上げてくれました。待合室でもおとなしくて、ついに順番がきたとき、診察室に主人と息子の2人が入って行きました。するとしばらくして叫び声が。診察室から出てきた息子は主人に抱っこされ主人の頬を往復ビンタし「注射する病院なんて全部潰れろー」「パパなんか嫌いじゃー」と叫び大暴れ。受付の方も待合室の患者さんも笑う笑う。いつも笑われてしまいながらも必死に息子をなだめていた、今回は往復ビンタされる主人をみて「大変やね」と他人事のように笑ってしまいました。

他人事なら笑ってしまうとはこのことなのね

近所の老害、痴呆がやってる可能性が高いのです。

 どんな人が振り込め詐欺をやってるのか色々と調べてみると元地域指導員さんだったり、後は、やたら自分の親と親しい人だったりが多かったりします。後はマンション管理人とか、大家さんとかもあったりするのです。理由は、建物の住所を貸したりして名前だけ財団法人とか事務局とか名乗ったりするからです。管理人だと振り込み口座も自分名義でないものがあったりするのでそれでそこに振り込め見たいなのができるからみたいなのです。ですが、色々と調べたり消費者センターに調べるとそれは嘘と分かるので怪しいと思ったらすぐに相談した方がいいと思います。そうしないとまあ払える額だからいいやと思って払ってしまったりとかあるともう戻って来ないし、宙ブラリになることもあるのです。過去にも多分そんな感じに処理されてたとかあったのかなと思うと色々とムカついてきますね。私もたまに大家さんに家賃をしっかり払ったはずなのに払ってないとか言われて払ってしまったことがあって自分で調べたらやっぱり払ってたと合って返してもらったとかありました。ミュゼ 90円

近所の老害、痴呆がやってる可能性が高いのです。

できないことを出来るようにすることこそが成長

仕事でも、資格だとか趣味だとかスポーツでもそうですが、結局のところ、高みを目指していかなければなりません。
いま自分にできるとわかっていることを何回繰り返したところで、新しいことができるようにはならないですよね。
もちろん繰り返し練習をして精度を高めて、早く正確にできるようになるということも大切なことではあります。
しかし、それは効率化であり、革新性だとか、圧倒的な差を生むようなものではありません。
何か新しいことができるようになることも大切ですが、そうするために課題を考えて、それをクリアするために工夫するということが大切なのだと思ったりもします。
できないことができるようになったときに、人というのは自分の成長というのは、リアルに感じ取れるのではないでしょうか。
私たちの日常では、大小はさまざまではありますが、様々な課題と日々ぶつかっています。
「あれをやりたいけど時間がない」とか、「こうできればいいのに、リソースが足りない」とか…
そういうことについて諦めるのではなく、どうすればいいのかというソリューションをしっかりと考えていくようにしたいものです。

できないことを出来るようにすることこそが成長